夕食はラーメンじゃダメ??中国人の接待

お寿司 中国人の接待編
やはりお寿司は本命

どーも!itoです。

今回は「夕食はラーメンじゃダメ??中国人の接待」ということで解説していきたいと思います。中国人を食事に招待するときにどんな点に気をつけたらいいかお伝えできたらと思います。結論から言うと次の2点に注意してみるといいかと思います。

  • 夕食ならばなるべく麺類は避ける
  • 冷たいもの、生ものは事前に確認!

では、どうしてこのようなことに気をつけるといいのか具体的に説明していきます。まず中国人が麺類をどのようなものとしてとらえているかを知ることが重要です。

日本人だと家族や友達同士で夕食にラーメンを食べに行ったりしますよね。週末とかにお父さんが「よし今夜はみんなでラーメンでも食べに行くか!」って家族を連れて行ってくれたりします。どうして、このような習慣があるのかというと日本人にとって麺類は立派な1回の食事としてカウントされるからです。麺類って本当においしいから私たちは満足できます。

でも、中国人の麺類に対する見方は大きく違います!なんと…

醤油ラーメン

麺類は1回の食事としてはカウントされません!!(こんなにカロリーあるのに^^;)

どんなときに中国人は麺類を食べるのかというと、それは朝食や昼食です。中国人にとって麺類は軽食なのです。もちろん、中国の街中には麺類を提供するお店がたくさんありますし、夜にも営業してますが、夕食を麺類でとるというのは基本的には軽く済ませたい時だけなのです。

なので、あなたが中国人の友達を夕食に招待するときには注意が必要です。あなたがとっておきのラーメン屋さんに連れて行ってあげたとしても、相手が食べ終わった後、早速コンビニに行ってお弁当とか買ってるのを見たら切なすぎますよね。。(私はそんな経験をしたことがあります…泣)

では、一緒に夕食を食べるときはどんなお店に招待したらいいでしょうか?出来るだけご飯もののメニューが多いお店に誘ってあげてください。やはり「お米」は主食ですので満足してもらうことができます。また、中国人は冷たいものや生のものを嫌がる人が多いので、生魚が大丈夫か確認したうえでお寿司屋さんなどに連れて行ってあげるのも喜んでもらえると思います。

お寿司

今回は中国人を食事に招待するときにどんな点に気をつけたらいいかお伝えしてきました。次の2点に注意していただけるとお互いに気持ちよく食事を楽しむことが出来ると思います。

  • 夕食ならばなるべく麺類は避ける
  • 冷たいもの、生ものは事前に確認!

中国人の食文化については地域差もあるのですが、また実例をあげながらちょくちょく発信していきたいと思います。では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました